運営:株式会社5core

ハイローオーストラリアでマーチンを行う際に覚えておくこと【やり方・計算方法・凍結リスク】

ハイローオーストラリアでマーチンを行う際に覚えておくこと【やり方・計算方法・凍結リスク】

投資家Aさん

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を行う際の注意点を教えてほしい。利用する方法や口座凍結のリスクはあるのかな?

ハイローオーストラリアでは、様々な取引方法で利益を上げているトレーダーがいますが、
その中の手法の一つが、マーチンゲール法です。

マーチンゲール法はトレードで負けたら次のトレードの購入金額を倍にする手法です。

負けた次のトレードの購入金額を倍にすることで、一度でも勝てば今までの損失を回収できます。

勝つまで辞めなければ利益が出やすい方法ですし、勝率を高めたい
トレーダーからすると利用するメリットは大きいです。

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法の利用を考えている方が、よく抱える疑問は下記の4つです。

  • マーチンゲール法は禁止されている?
  • 口座凍結のリスクは無いのかな?
  • どのようなやり方で取引をすれば利益が上がりやすいのかな?
  • 実際にマーチンゲール法を利用した時の損益の推移は?

もし、上記のような悩みを抱えている方は、本記事を参考にして、
マーチンゲール法を用いた取引の参考にしてみてください。

ハイローオーストラリアのマーチンゲール法に関するまとめ
  • ハイローオーストラリアではマーチンゲール法は禁止されていないので利用できる
  • 注文上限が定められているため永久にできる取引方法ではない
  • 最低金額の1,000円から始めると利用しやすい
  • 正しいマーチンゲール法を理解して取引に最大限に活かそう

本記事では、ハイローオーストラリアのマーチンゲール法の詳細だけではなく、
やり方や注意点も併せて紹介します。

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は禁止されていない!

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法は禁止されていない!

結論を先に言うと、ハイローオーストラリアは、マーチンゲール法の利用が禁止されていませんので、安心して手法の採用ができます。

しかし、業者側の利用規約には、ブラックボックス取引を行うと注文の拒否や制限を行うという文言があるので、利用する際は注意が必要です。

ブラックボックス取引とは
自動売買ツールの利用や、システムトレードなど、プログラムによるトレードのことを指す。

利用規約にはブラックボックス取引と記載がありますが、「マーチンゲール法」というワードは入っていません。

お客様は、実行すると私たちの適用法令違反となる疑いのあるオプション、
もしくは私たちまたは他の人に適用法令違反を犯させることになる疑いのある
オプションを行うように、注文指示を出してはなりません。

適用法令(いかなる法令もしくは規則も含みますが、これらに限定はされません)が
関連しているのは、以下の事項です:

a) 市場操作、虚偽の取引、市場不正操作、架空取引、ブラックボックス取引、スキャルピング、偽装
売買、もしくは両建注文;
引用元:ハイローオーストラリアの利用規約

マーチンゲール法の利用が直接的に禁止されていないのですが、頻繁に利用したトレーダーが口座凍結されたという噂を聞くのも事実です。

投資診断士・齋藤大河

利用規約で禁止されていない取引方法でありますが、頻繁に利用するのはリスクが高いと判断できますので、利用頻度は抑えましょう。

ただし一回の注文上限額があるので途中からマーチンゲール法は出来なくなる

ハイローオーストラリアでは、マーチンゲール法の利用が禁止されていませんが、
注文上限がある以上、途中から利用できなくなります。

なぜなら、1回の注文金額の上限が20万円と決められているため、途中からマーチンゲール法が利用できなくなるのです。

最初にエントリーする注文金額にもよりますが、負け続けるのは確率上に非常に低いため、
マーチンゲール法を利用して注文上限に達するのは稀だと思われます。

マーチンゲール法を利用した際の勝つ確率と負ける確率は以下の通りです。

取引回数 勝率 負ける確率
1回目 50% 50%
2回目 75% 25%
3回目 87.5% 12.5%
4回目 93.75% 6.25%
5回目 96.875% 3.125%
6回目 98.4375% 1.5625%
7回目 99.2188% 0.7813%
8回目 99.6094% 0.3906%
9回目 99.8047% 0.1953%
10回目 99.9023% 0.0977%

取引回数が増えれば増えるほど勝率が上がるので、最初の注文金額が低ければ
注文金額の上限に達するのは確率的に稀だと判断できます

注文回数が4回目以降は負ける確率が1ケタ台になるので、確率だけ見ると4回目くらいまで負けても損失分を回収できる可能性が高いことが分かります。

しかし、仮に1回目の注文金額が5万円とすると、3回目の取引で上限に達するのでマーチンゲール法を上手に活用できません。

1回目の注文金額を低くして取引をすることで、マーチンゲール法の恩恵を受けることができます。

投資診断士・齋藤大河

ハイローオーストラリアには注文金額に上限があるので注意してくださいね。

ハイローオーストラリアを使ってマーチン法を採用する際のやり方

ハイローオーストラリアを使ってマーチン法を採用する際のやり方

ハイローオーストラリアを使ってマーチンゲール法を採用する際のやり方について3つ紹介します。

マーチンゲール法を採用する際のやり方について、上記の順番で解説していきます。

マーチンのスタート金額は最低金額の1000円から行う

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を利用して取引をする際は、
最低金額の1,000円から始めましょう。

なぜなら、負けるたびに次のトレードの倍の購入金額を賭けるので、最初から大きい金額で始めるとマーチンゲール法が成立しなくなるためです。

ハイローオーストラリアの購入金額は最大で20万円と上限があるので、仮に5万円から始めると最大で3回で取引上限に達してしまいます。

しかし、最低金額の1,000円から始めることで、最大で8回までの取引が可能です。

投資診断士・齋藤大河

マーチンゲール法を利用して取引をするなら、最低金額の1,000円から始めましょう。

マーチンの上限回数を5回までと決めておくと破産を防げる

マーチンゲール法を利用する際は取引の上限回数を5回までと決めておくと、破産を防げます。

ハイローオーストラリアの最大取引金額が20万円までなので、最大で8回の取引ができますが、
5回までに止めておくことで大きな損失を避けることができます

取引回数 購入金額
1回目 1,000円
2回目 2,000円
3回目 4,000円
4回目 8,000円
5回目 16,000円
6回目 32,000円
7回目 64,000円
8回目 128,000円

仮に8回連続で負けが続いてしまうと、合計で255,000円の損失が出てしまいます・
しかし、取引の上限回数を5回に止めると、大きな損失を出さずに済むのです。

上限回数を5回までと決めれば1クールで失う金額は31000円で済む!

取引回数 購入金額
1回目 1,000円
2回目 2,000円
3回目 4,000円
4回目 8,000円
5回目 16,000円

上記の表を見ると、5回目までの取引損失の合計が31,000円に抑えられます

5回までの損失を1クールと考えて取引をすることで、マーチンゲール法の効果を最大に発揮することができます。

投資診断士・齋藤大河

5回目の負ける確率は3.125%と非常に低いですし、失う金額も3万円程度なので、初心者でもチャレンジしやすいです。

マーチンの回数ごとに紹介!必要資金と利益を算出する計算式

以下、マーチンゲール法を利用した取引で必要な資金になります。

取引回数 購入金額 必要資金
1回目 1,000円 1,000円
2回目 2,000円 3,000円
3回目 4,000円 7,000円
4回目 8,000円 15,000円
5回目 16,000円 31,000円
6回目 32,000円 63,000円
7回目 64,000円 127,000円
8回目 128,000円 255,000円

仮に8回連続で負けると必要な資金は、合計で255,000円必要になることが分かります。

利益は「ペイアウト-購入金額=利益」で求められるので、
取引をする際に参考にしてください。

仮に購入金額が1,000円でペイアウト率が1.95倍の場合は、以下のように計算できます。

利益の計算式
1,950円-1,000円=950円

ペイアウトは1,950円になるので購入金額の1,000円を引くことで、
950円と利益が求められることが分かりますね。

投資診断士・齋藤大河

マーチンゲール法を利用する際も損益の計算をしながら取引をしていくといいでしょう。

ハイローの注文上限金額20万円でマーチンを行う際のシミュレーション

ハイローの注文上限金額20万円でマーチンを行う際のシミュレーション

以下、ハイローの注文上限金額である20万円で、ペイアウト率が1.95倍の銘柄でマーチンゲール法を行う際のシミュレーションになります。

取引回数 購入金額 勝敗 損益 損益合計
1回目 1,000 負け -1,000 -1,000
2回目 2,000 負け -2,000 -3,000
3回目 4,000 負け -4,000 -7,000
4回目 8,000 負け -8,000 -15,000
5回目 16,000 負け -16,000 -31,000
6回目 32,000 負け -32,000 -63,000
7回目 64,000 負け -64,000 -127,000
8回目 128,000 勝ち 121,600 -5,400

上記の表のように、7回連続で負けて8回目の取引で勝つことで、損益を‐5,400円に抑えることができます

なお、2回目~7回目で勝った時の損益額は以下の通りになります。

取引回数 購入金額 ペイアウト 損失合計 損益合計
2回目 2,000円 1,900円 ‐1,000円 900円
3回目 4,000円 3,800円 ‐3,000円 800円
4回目 8,000円 7,600円 -7,000円 600円
5回目 16,000円 15,200円 -15,000円 200円
6回目 32,000円 30,400円 ‐31,000円 -600円
7回目 64,000円 60,800円 ‐63,000円 -2,200円

仮に、購入金額が1,000円からペイアウト率1.95倍で。マーチンゲール法を利用して取引した場合の損益合計は、上記の表のようになります。

損益合計が200円で抑えられる5回目の取引までに止めておくことで、大きな損失を出さずに利益を上げられます

大きな金額を稼ぐには購入金額を増やさなければなりませんが、高確率で利益を上げたい方は
マーチンゲール法を利用しましょう。

投資診断士・齋藤大河

5回の取引を1クールとして考えてみるといいですね。

【真相解明】ハイローオーストラリアでマーチン法を行っても凍結されない?

【真相解明】ハイローオーストラリアでマーチン法を行っても凍結されない?

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を行って稼いでも、
口座凍結されるリスクがあると考えるトレーダーもいるでしょう。

海外のバイナリーオプション業者の中には、マーチンゲール法を行うと、
口座凍結になり利益分が出金できなくなるという業者も存在します。

ハイローオーストラリアの利用規約を確認すると、マーチンゲール法が禁止という文言はないです。

しかし、マーチンゲール法だけの取引・マーチンゲール法を多用すると、「システムトレード」とみなされる可能性があるので
他のトレード手法と組み合わせて、利用するようにしましょう。

真相:マーチン法が原因で凍結されることはない!

ハイローオーストラリアの利用規約を確認すると、マーチンゲール法を利用しても口座が凍結されることはないです。
しかし、実際にマーチンゲール法を利用して口座凍結になったというトレーダーも多くいます。

筆者もマーチンゲール法を利用したことがありますが、2-3回の利用で凍結されることはなかったです。
そのため、通常の取引と併せて使っていれば、問題ないでしょう。

明確に記載はないものの、マーチンゲール法を頻繁に利用すると、口座凍結のリスクが高まるので注意が必要です。

マーチンゲール法を利用するなら、連続しての利用は避ける・他の手法も採用することを
忘れないでください。

投資診断士・齋藤大河

マーチンゲールを1クール実施したら、2-3回ほど別の取引方法で取引してから、再度利用するようにしましょう。

ハイローオーストラリアでマーチン法を採用している人のリアルな声

ハイローオーストラリアでマーチン法を採用している人のリアルな声

以下、マーチンゲール法を採用している人のリアルな声になります。

横にスクロールできます

上記のSNSの口コミを見ると、マーチンゲール法を用いて、
実際に利益を上げているトレーダーがいることがわかります。

しかし、資金管理も大事になるので、適当に取引をせず
戦略を立ててからエントリーをするといいでしょう。

投資診断士・齋藤大河

マーチンゲール法は必ず利益が上がる方法ではないので、手法を確立させたりチャート分析もできるように勉強をしてくださいね。

ハイローオーストラリアはマーチンよりもパーレー法のほうが最適です!

ハイローオーストラリアはマーチンよりもパーレー法のほうが最適です!

ハイローオーストラリアはマーチンゲール法よりも、
パーレー法の方が最適な取引方法になります。

マーチンゲール法は負けた次のトレードの購入金額を倍にしていく方法ですが、
パーレー法は勝ったら、次のトレードの購入金額を倍にして取引する方法です。

以下、パーレー法を利用して取引した場合の損益になります。
ペイアウト率を1.95倍と仮定して、シュミレーションしています。

連勝数 連勝率 損益
1連勝 50% 1,950円
2連勝 25% 3,803円
3連勝 12.5% 7,416円
4連勝 6.25% 14,461円
5連勝 3.125% 28,199円

上記の表は、購入金額が1,000円から取引を始めた結果です。
結果を見て分かる通り、パーレー法が上手にハマれば短期間で大きな金額が稼げるのです。

パーレー法の方が破産確率が低く低資金でチャレンジできる

パーレー法は購入金額が1,000円から始められるので、取引に自信がない方におすすめの手法です。

4連勝目から勝率が一桁台に下がるので、パーレー法を活用するなら3連勝までに止めましょう
仮に1,000円から始めて3連勝したら再び1,000円から始めると、破産確率が低く少ない資金でチャレンジできます。

投資診断士・齋藤大河

実際にマーチンゲール法とパーレー法を試してみてください。

ハイローオーストラリアでマーチンを行う際に覚えておくことのまとめ

ハイローオーストラリアでマーチンを行う際に覚えておくことのまとめ

ハイローオーストラリアでマーチンゲール法を利用する方法について詳しくまとめました。

ハイローオーストラリアのマーチンゲール法に関するまとめ
  • ハイローオーストラリアではマーチンゲール法は禁止されていないので利用できる
  • 注文上限が定められているため永久にできる取引方法ではない
  • 最低金額の1,000円から始めると利用しやすい
  • 正しいマーチンゲール法を理解して取引に最大限に活かそう

マーチンゲール法は注文金額に上限があるハイローオーストラリアでは永久にできる取引方法でありませんが、上手に活用することでコツコツ利益を上げられます。

しかし、必勝法ではありませんので、マーチンゲール法以外にもチャート分析や取引手法の確立なども併せて勉強をしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※コメントはサイト運営側の承認を経た後に表示されます。

\LINE登録者限定のボーナスや攻略法を配信中!/