ハイローオーストラリアの判定時間一覧!【勝率UP】おすすめの時間も紹介

ハイローオーストラリアの判定時間一覧!【勝率UP】おすすめの時間も紹介

投資家Aさん

ハイローオーストラリアで取引できる判定時間を全て知りたい。トレード初心者でも利益が上がりやすいおすすめの時間も教えてほしい。

ハイローオーストラリアは複数の判定時間が用意されており、30秒取引から1日取引と幅広い時間から選択できます。

判定時間ごとにメリットとデメリットがあるので、取引手法や取引スキルに合わせて選ぶ必要があります
ハイローオーストラリアの判定時間一覧を先に見たい方はこちら>>

  • ハイローオーストラリアで取引できる判定時間は?
  • トレード初心者でも利益が上がりやすい判定時間は?
  • 判定時間を選ぶ際の基準は?

もし、上記のような悩みを抱えている方は、本記事で紹介している判定時間ごとのメリットとデメリットを参考に選んでみてください。

ハイローオーストラリアの判定時間に関する簡単なまとめ
  • ハイローオーストラリアは30秒取引から1日取引の7種類の判定時間がある
  • 取引手法ごとに判定時間を選ぶと勝率が上がりやすくなる
  • 自分が得意な取引手法に合わせて判定時間を選ぼう

本記事では、ハイローオーストラリアの判定時間を一覧で紹介するだけではなく、おすすめの判定時間も併せて解説します。

投資診断士・齋藤大河

まずは、ハイローオーストラリアで取引できる判定時間を表を用いてまとめますね。

ハイローオーストラリアの判定時間一覧表

ハイローオーストラリアの判定時間一覧表

以下、ハイローオーストラリアの判定時間になります。

判定時間 ペイアウト
30秒Turbo・スプレッド 1.95倍・2.30倍
1分Turbo・スプレッド 1.90倍・2.20倍
3分Turbo・スプレッド 1.90倍・2.05倍
5分Turbo・スプレッド 1.85倍・2.00倍
15分HighLow・スプレッド 1.85倍・2.00倍
1時間HighLow・スプレッド 1.90倍・2.00倍
1日HighLow・スプレッド 1.95倍・2.00倍

ハイローオーストラリアでは、30秒から5分のような短い期間の取引をTurbo取引といい、15分から1日の取引をHighLow取引と呼んでいます

スプレッド込みで取引するとペイアウト率が上がり、取引の結果によってはたくさんの利益を得ることができるメリットがあるのです。

ただし、スプレッド込みの取引は、スプレッドを含まない取引よりも価格が大きく変動する必要があります。

利益を上げるためには判定時間だけでなく、ペイアウト率も考慮する必要があるので、選ぶ際には慎重に検討しましょう。

投資診断士・齋藤大河

取引できる判定時間ごとのメリットとデメリットを押さえて取引を開始してみてくださいね。

ハイローオーストラリアの判定時間ごとに特徴とメリット・デメリットを解説

ハイローオーストラリアの判定時間ごとに特徴とメリット・デメリットを解説

ハイローオーストラリアの判定時間ごとに、特徴やメリット、デメリットを紹介します。

取引をする前に判定時間を選ぶ参考にしてみてください。

判定時間ごとの特徴やメリット、デメリットを、上記の順番で解説していきます。

30秒取引の特徴とメリット・デメリット

以下、ハイローオーストラリアの30秒取引のメリットとデメリットになります。

30秒取引のメリット

  • 短い期間で大きく稼ぎやすい
  • ギャンブル的なトレードで楽しめる
  • ちょっとの隙間時間で結果が出る
  • ペイアウト率が高い

30秒取引のデメリット

  • 場合によっては大きな損失を出す可能性がある
  • 同値判定が多くなりやすく勝率を上げにくい
  • チャート分析をしても予測と逆方向に価格が動く可能性が高い

30秒取引の魅力の一つは、わずか30秒という短い時間で取引が終了することです。最大のメリットは、強いトレンドが出ている時に、連続で稼ぐことができる点になります。

ハイローオーストラリアの最大ペイアウト率は、30秒取引の2.3倍です。ペイアウト率が高いほど得られる利益もアップしますが、トレード初心者の方にはおすすめできません。

なぜなら、30秒取引といった超短期の取引は時間が短いため、一過性の価格変動のせいで負けやすくなるためです。

投資診断士・齋藤大河

30秒という短い時間では、過去の値動きのパターンから外れることが多く、インジケーターやテクニカル分析が効果を発揮しづらくなります。

5分取引などの長い判定時間と比べて、瞬間的な価格変動に影響されやすく、予測の難易度が高くなるのです。

短時間の取引は一瞬で終了するため、多くのエントリーチャンスがある反面、負けが続くとついつい取引を繰り返してしまい、大きな損失を招くこともあります

損失を一気に取り返そうとする心理が働き、資金管理がおろそかになりやすいので注意してください。

投資診断士・齋藤大河

トレード初心者の方は30秒取引で利益を上げるのは難しいです。

1分取引の特徴とメリット・デメリット

以下、1分取引のメリットとデメリットになります。

1分取引のメリット

  • 強いトレンド発生時に一気に稼ぐことが出来る
  • エントリーチャンスが多い
  • 隙間時間を活用してトレードできる

1分取引のデメリット

  • テクニカル分析が効きにくく再現性高く勝てない
  • 短期間で資金がなくなる可能性がある
  • 同値判定になりやすいので、勝率が下がりやすい

1分取引の最大のメリットは、エントリーポイントが多い点です。
さらにターボスプレッド取引であれば、ペイアウト率は2.2倍と、高倍率になります。

デメリットとしては、30秒取引同様に、テクニカル分析が効きにくく、投機的なトレードになってしまうことです。

もし1分取引を選ぶなら、レンジ相場ではなく、トレンド相場になっている銘柄を選択してください。ボラティリティがない銘柄も避けましょう。

1分取引がおすすめな人
  • ターボ取引の中で、高ペイアウト率かつ転売機能を使いたい人

投資診断士・齋藤大河

勝ったとしても、再現性が低く、まぐれ寄りになってしまうので、長期的に勝ちたい人にはおすすめしません。

3分取引の特徴とメリット・デメリット

以下、ハイローオーストラリアの3分取引のメリットとデメリットになります。

3分取引のメリット

  • 転売ができるので損失を抑えることが可能
  • トレンド相場であれば稼ぎやすい
  • Turbo取引の中でペイアウト率が高め

3分取引のデメリット

  • MT4に3分足のローソク足がない
  • レンジ相場だと稼ぎにくい
  • 3分取引の攻略法を配信している人が少ない

ハイローオーストラリアの3分取引は、転売機能が使える最短の判定時間という点が最大のメリットです。
さらに5分取引と比べると、ペイアウト率が高く設定されています。

転売機能とは
エントリー後、判定時刻になる前に利益 (または損失)を確定させる事ができる機能のこと。

例えば、「High」でエントリーしている最中に価格が下降してきたら、その時点で転売して損失を最小限に抑えられます。

ハイローオーストラリアでは3分取引以上で転売機能を利用できます。

3分取引がおすすめな人
  • 短期取引で転売を利用したい上級者向け

投資診断士・齋藤大河

中途半端な3分取引を利用する理由はないでしょう。短期で稼ぎたいなら、30秒でいいですし、転売機能を使いたいなら、有効時間が長い5分取引をおすすめします。

5分取引の特徴とメリット・デメリット

以下、5分取引のメリットとデメリットになります。

5分取引のメリット

  • Turbo取引の中でチャート分析がしやすい
  • トレード初心者でもトレードしやすい
  • トレンド相場に乗って利益が上げやすい

5分取引のデメリット

  • 短い判定時間よりもエントリーチャンスが少ない
  • ペイアウト率が低い
  • チャート分析を怠ると勝率が下がる

5分取引のメリットは、転売機能を使える点です。

30秒や1分取引に比べてペイアウト率は低いですが、5分取引が利益を上げる上で不利だとは一概に言えません

5分取引のペイアウト率が1.85倍であることは、取引において充分なペイアウト率だといえます。勝率を考えるとバランスの良い選択肢です。

一方、短い判定時間よりも1回の取引時間が長くなるため、どうしてもエントリーチャンスが少なくなります。

短期取引の場合はエントリーチャンスが非常に多い反面、負けが続くと繰り返しエントリーしてしまうリスクがあるのです。

計画を丁寧に練り、慎重に取引を進めるならば、5分取引でもエントリーチャンスは十分にあります

投資診断士・齋藤大河

5分取引はテクニカル分析がしやすいので、自分が得意な手法を確立させてからトレードするといいでしょう。

15分取引の特徴とメリット・デメリット

以下、15分取引のメリットとデメリットになります。

15分取引のメリット

  • 多くのトレーダーが利用しているため取引手法が見つかりやすい
  • トレード初心者でもチャート分析がしやすい
  • 短い判定時間よりも価格の動きが判断しやすい

15分取引のデメリット

  • ペイアウト率が低い
  • 取引終了までの時間が長い

15分取引はテクニカル分析通りに動きやすいので、初心者でも比較的簡単に攻略できます。

スキルが低く知識が不足していてもポイントを押さえれば、15分取引である程度の勝率を出すことができるのです

トレード初心者の方が15分取引を選ぶ理由の一つに、たくさんの攻略法が紹介されているという点が挙げられます。

一方で、15分取引を活用するトレーダーが多い分、取引方法に関する情報が豊富にあるため、誤った情報を収集してしまうというデメリットもあります。

トレード初心者の方は実際に利益を上げている発信者の手法を参考にして検証するといいでしょう

投資診断士・齋藤大河

15分取引は多くのトレーダーが活用しているので、トレード初心者の方は15分取引がおすすめになりますね。

1時間取引の特徴とメリット・デメリット

以下、1時間取引のメリットとデメリットになります。

1時間取引のメリット

  • 判定時間が長いためチャート分析がしやすい
  • トレンド相場に乗って利益を上げやすい
  • 急激な価格変動による損失が出にくい

1時間取引のデメリット

  • 取引効率が落ちてしまエントリーチャンスが減る
  • スプレッドが広がる

テクニカル分析はもともと日足を基準とした手法であるため、日足未満の時間足や分足では精度が低くなってしまいます。

特に30秒取引や1分取引のような短い判定時間は、状況によっては一部のインジケーターがほとんど機能しないこともあるのです。

対照的に15分取引や1時間取引は比較的穏やかであり、1本のローソク足に盛り込まれるトレーダーの心理も増えるため、分析がしやすく想定通りに動く確率も高まります。

それでも日足と比べると動きが激しい傾向があるので、慎重なチャート分析を心がけましょう。

1時間取引は1時間取引未満の判定時間と比べると、余裕をもってエントリーできるため安定した取引がしやすくなります

投資診断士・齋藤大河

1時間取引は取引手法を確立すると利益が上がりやすいため、デモ口座で検証をして自分が得意な取引手法を見つけるところから始めるといいでしょう。

1日取引の特徴とメリット・デメリット

以下、1日取引のメリットとデメリットになります。

1日取引のメリット

  • 冷静に判断しエントリーができる
  • 判定時間が長いため転売がしやすい
  • Turbo取引の判定時間よりもチャート分析がしやすい

1日取引のデメリット

  • エントリーチャンスが少ない
  • 経済指標の発表のタイミングと重なると損失を出す可能性がある

バイナリーオプションでは、短期取引よりも1日取引のような中長期の値動きが読みやすいです。

1日取引はテクニカル分析がしやすく、根拠を持ってエントリーできるため、余裕を持って値動きを予測することが可能です

またエントリータイミングのズレが、それほど影響しないことも大きな特徴です

しかし、短期取引に比べて取引回数が少なくなるデメリットがあります。1日取引の場合は判定までの時間が長く、また転売するとしてもエントリーしてから時間がかかる場合があるので、短期取引よりも取引回数が少なくなるのは間違いありません。

バイナリーオプションは一般的に、一定以上の勝率を出しながら取引回数を増やすことで、利益が増えていく投資です。

取引回数が少なくなることは、利益を上げるうえでデメリットと言えるでしょう。

投資診断士・齋藤大河

チャート分析はしやすいですが、取引回数が少なくなるのがデメリットになりますね。

ハイローオーストラリアでトレードする際の判定時間の選び方

ハイローオーストラリアでトレードする際の判定時間の選び方

ハイローオーストラリアでトレードする際に大事な判定時間の選び方について2つ紹介します。

トレードする際の判定時間の選び方について、上記の順番で解説していきます。

強いトレンドが発生している場合は、短い判定時間で一気に稼ぐ

ハイローオーストラリアで判定時間を選ぶ際は、強いトレンドが進行中なら短い判定時間で取引するのがおすすめです。

強いトレンドが進行中の時に短い判定時間で取引すると、わずかな時間で効果的に稼ぐことができます

例えば、短い時間足で強い上昇トレンドが確認できた場合、30秒取引や1分取引で「High」でエントリーすると高い勝率で取引できます。

ただし、価格が急に逆転する可能性もあるので、強いトレンドが発生してからしばらく時間が経過している場合は、エントリーを見送ると良いでしょう

投資診断士・齋藤大河

強いトレンドが発生している時は、30秒取引や1分取引でサクッと利益を獲得するといいですね。

トレンドが反転したときにエントリーするなら、長期の判定時間にする

トレンドが反転しているときに取引するなら、長期の判定時間を使って取引するのがおすすめです。

トレンドが進行している場合でも一時的に価格が下がることがあるので、下がったときにエントリーすると高い確率で取引が成功する可能性があります。

例えば、中長期の時間軸でトレンドが進行中でも、短期の時間軸では逆のトレンドが発生していることがあるのです。

中長期のトレンドと同じ方向に短期の流れが合致したタイミングでエントリーしましょう

投資診断士・齋藤大河

時間足の流れに合わせて「High」か「Low」を選んでエントリーをしてくださいね。

【勝率UP】ハイローオーストラリアでおすすめの判定時間

【勝率UP】ハイローオーストラリアでおすすめの判定時間

結論を言うと、トレード初心者の方は、ハイローオーストラリアで勝率を上げるためには15分取引がおすすめになります。

その理由は、15分取引は多くのトレーダーが利用している判定時間で、ネットやYouTubeで多くの取引手法が見つかるからです。

取引手法をいくつか試してみて、自分に合ったものを見つけることができます。

また、30秒取引や1分取引よりも15分取引はチャート分析がしやすいので、トレード初心者でも利益を上げやすい特長があるのです。

迷っている方は、15分取引でトレードを始めてみると良いでしょう。

投資診断士・齋藤大河

トレード初心者の方は15分取引からバイナリーオプション取引をスタートしてみてください。

ハイローオーストラリアの判定時間についてよくある質問

ハイローオーストラリアの判定時間についてよくある質問

ハイローオーストラリアの判定時間についてよくある質問に対して回答します。

判定時間についてよくある質問に対して、上記の順番で回答していきます。

ハイローオーストラリアで判定時間を設定する方法は?

ハイローオーストラリアで判定時間を設定する方法は?

ハイローオーストラリアで判定時間を設定するのは、「①取引方法を選ぶ」→「②全ての取引時間」の順番で設定できます。

ハイローオーストラリアで判定時間を設定する手順は、シンプルで以下のステップに従います。

  1. 取引方法を選ぶ: 最初に取引する方法を選びます。ハイローオーストラリアでは、「Turbo」「Turboスプレッド」「HighLow」「HighLowスプレッド」の取引ができます。
  2. 全ての取引時間を確認: 次に全ての取引時間を確認します。ハイローオーストラリアでは様々な判定時間が用意されており、取引方法によって変わります。

こちらの流れに従うことで、ハイローオーストラリアで簡単に判定時間を設定できます。

ハイローオーストラリアで勝率を高められる判定時間はどれ?​​

ハイローオーストラリアでの勝率向上のポイントは、判定時間の選び方であり、特に初心者の方におすすめの判定時間は「15分取引」です。

15分取引はトレード初心者にとって扱いやすい時間帯で短すぎず長すぎない中間の時間になるので、チャートの分析がしやすくなっています。

さらに、多くのトレーダーが利用する判定時間でもあるので、市場の流れや傾向が比較的つかみやすいのが特徴です。

ハイローオーストラリアでは、15分取引が勝率向上につながる可能性が高いので、トレードの基本を学びつつ勝率の高いトレードを行っていきましょう。

ハイローオーストラリアの判定時間一覧!まとめ

ハイローオーストラリアの判定時間一覧!まとめ

ハイローオーストラリアの判定時間について、トレード初心者の方でも分かるよう詳しく解説しました。

ハイローオーストラリアの判定時間に関する簡単なまとめ
  • ハイローオーストラリアは30秒取引から1日取引の7種類の判定時間がある
  • 取引手法ごとに判定時間を選ぶと勝率が上がりやすくなる
  • トレード初心者は判定時間が短いと利益が上がりにくい
  • 自分が得意な取引手法に合わせて判定時間を選ぼう

ハイローオーストラリアでは、全部で7つの異なる判定時間があります。

Turbo・Turboスプレッド
  • 30秒取引
  • 1分取引
  • 3分取引
  • 5分取引
HighLow・HighLowスプレッド
  • 15分取引
  • 1時間取引
  • 1日取引

ハイローオーストラリアでは人気の30秒取引や1分取引がありますが、トレード初心者の方にはおすすめしません。

短い時間での取引は価格の動きを予測するのが難しく、結果的に勝率が下がりがちです。

本記事で紹介したように、バイナリーオプションで利益を上げるには判定時間の選択が重要になります。

ハイローオーストラリアを利用するなら、15分以上の取引を選びエントリー根拠を見つけてからエントリーしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

※コメントはサイト運営側の承認を経た後に表示されます。

\LINE登録者限定のボーナスや攻略法を配信中!/