MENU

HFMの口座タイプ5種類を徹底比較|おすすめタイプやスペックについても紹介

トレーダー歴5年のTさんTさん

HFMにはどんな口座タイプがあるの?
HFMには5種類の口座タイプがあり、それぞれ適した取引スタイルがありますよ!

現役トレーダー現役トレーダー

HFMには5種類の口座タイプがあるので、取引スタイルに合わせて選ぶのがおすすめです。

適切な口座タイプを選べば、無駄なコストを抑えて大きな利益獲得を目指せます。

この記事では、HFMの口座タイプの特徴を比較し、取引スタイルごとのおすすめを紹介します。

HFM口座の開設を検討している方や、口座タイプ選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

HFMの口座タイプをまとめると
  • HFMの口座タイプは全5種類
  • 初心者・少額トレードには「セント口座」
  • スキャルピング・デイトレには「ゼロ口座」「プロ口座」
  • HFM専用プラットフォームで取引するなら「プレミアム口座」
  • 入金ボーナスで資金を増やすなら「トップアップボーナス口座」
目次

【比較】HFMの口座タイプ全5種類のスペック一覧

【比較】HFMの口座タイプ全5種類のスペック一覧

HFMの口座タイプは全5種類で、取引スタイルに適した口座タイプを利用することで、効果的な利益獲得を目指せます。

まずは、5種類の口座タイプの基本スペックを比較してみましょう。

口座タイプ セント口座 ゼロ口座 プロ口座 プレミアム口座 ボーナス口座
取引商品 FX,Gold 全商品 全商品 全商品 全商品
口座開設ボーナス 無し 無し 無し 無し 無し
入金ボーナス 無し 無し 無し 無し 67万円
最大レバレッジ 2,000倍 2,000倍 2,000倍 2,000倍 1,000倍
スプレッド 1.2pips〜 0pips〜 0.6pips〜 1.2pips〜 1.4pips〜
手数料 FX:往復6ドル
Gold:往復14ドル
最小ロット 1,000通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最低入金額 1円~ 1円~ 13,000円~ 1円~ 1円~
ロスカット 20% 20% 20% 20% 20%
ゼロカット 自動で適用 自動で適用 自動で適用 自動で適用 自動で適用

ボーナスを利用するなら「ボーナス口座」一択ですが、そうでなければ細かい特徴を比較した上で選ぶのがおすすめです。

ここからは、口座タイプごとの特徴を詳しく紹介し、メリット・デメリットや取引スタイルに合わせた口座タイプの選び方を解説します。

HFMセント口座|最小約10円からトレード可能

HFMセント口座|最小約10円からトレード可能

セント口座はFX初心者やトレード資金が少ない方向けに用意された、少額トレード対応口座です。

基本スペックやメリット・デメリットを解説するので、「なるべく少額でトレードを始めたい」と考えている方はぜひチェックしてください。

HFMセント口座の特徴・基本スペック

口座タイプ セント口座
取引商品 ・FX:53種類
・Gold:2種類
口座開設ボーナス 無し
入金ボーナス 無し
最大レバレッジ 2,000倍
スプレッド ・USD/JPY:1.8pips〜
・EUR/USD:1.4pips〜
・EUR/GBP:1.4pips〜
手数料
最小ロット 1,000通貨
最低入金額 1円~
ロスカット 20%
ゼロカット 自動で適用

セント口座で取引できる銘柄はFX通貨ペアとゴールドのみですが、HFM口座の中で唯一1,000通貨で取引することが可能です。

1,000通貨単位でドル円を取引する場合、1ドル150円なら必要な資金は15万円となります。

しかし、これはレバレッジ1倍のケースで、1,000倍ならわずか150円でトレードを始めることが可能!

さらに、セント口座に最低限必要な証拠金は10USセント(約10円)となっているため、通貨ペアやレバレッジによっては約10円あれば取引を始められます。

HFMセント口座のメリット・デメリット

XMTradingのメリット

  • 1,000通貨単位でトレード可能
  • 必要な証拠金は10USセント(約10円)のみ
  • 対象銘柄はスワップフリー

XMTradingのデメリット

  • 取引可能な銘柄はFX,Goldのみ
  • ボーナスは受け取れない
  • 最大ポジション150で他の口座タイプより少ない

セント口座のメリットは少額でトレードできることですが、他にも対象銘柄をスワップフリーで取引できる点もメリットとして挙げられます。

ポジションを日跨ぎで保有するとスワップポイントが発生し、マイナススワップの銘柄は手数料を差し引かれます。

スワップフリーのセント口座では、対象銘柄のスワップポイントが発生しないため、手数料の長期間保有しても手数料の心配がありません。

ただし、取引可能な銘柄がFX通貨ペアとゴールドのみで、最大保有ポジションが150で他の口座タイプに比べて少ないといったデメリットには注意が必要です。

HFMゼロ口座|スプレッドが狭くスワップフリー

HFMゼロ口座|スプレッドが狭くスワップフリー

ゼロ口座は最小0pipsのスプレッドで最低入金額がなく、スプレッドを抑えたい全てのトレーダー向けに用意された口座タイプです。

ハイレバレッジでのスキャルピング・デイトレードを検討している方は、ぜひチェックしてください。

HFMゼロ口座の特徴・基本スペック

口座タイプ ゼロ口座
取引商品 ・FX:53種類
・メタル:6種類
・株式:93種類
・債券:3種類
・株価指数:23種類
・エネルギー:4種類
・コモディティ:5種類
・暗号通貨:40種類
・ETF:23種類
口座開設ボーナス 無し
入金ボーナス 無し
最大レバレッジ 2,000倍
スプレッド ・USD/JPY:0.1pips〜
・EUR/USD:0pips〜
・EUR/GBP:0pips〜
手数料 FX:往復6ドル(10万通貨)
Gold:往復14ドル(10オンス)
最小ロット 10万通貨
最低入金額 1円~
ロスカット 20%
ゼロカット 自動で適用

ゼロ口座はHFMが扱っている全銘柄を取引でき、最大レバレッジは2,000倍!

HFM口座の中でスプレッドが最も狭いので、短期売買などで手数料を抑えられるのが魅力です。

ただし、銘柄ごとに手数料のかかることは把握しておく必要があります。

HFMゼロ口座のメリット・デメリット

XMTradingのメリット

  • 最小0pips〜取引できる
  • 最大レバレッジは2,000倍
  • 対象銘柄はスワップフリー

XMTradingのデメリット

  • 10万通貨あたり往復6ドルの手数料がかかる
  • ボーナスは受け取れない

HFMは最小0pipsのスプレッドで取引できるのが魅力です。

取引額が大きく取引回数が多いとスプレッドの負担が気になりますが、ゼロ口座なら最小限のコストに抑えられるでしょう。

ただし、取引手数料がかかり、FX通貨ペアの場合は10万通貨あたり往復6ドルのコストが発生するので、取引回数が多い場合はプロ口座も検討すべきでしょう。

HFMプロ口座|超低スプレッドで手数料無料

HFMプロ口座|超低スプレッドで手数料無料

プロ口座はゼロ口座に次ぐスプレッドの狭さで、手数料無料でトレードできます。

スキャルピングなどで短期売買を繰り返すなら、ゼロ口座よりプロ口座の方がお得でしょう。

HFMプロ口座の特徴・基本スペック

口座タイプ プロ口座
取引商品 ・FX:53種類
・メタル:6種類
・株式:93種類
・債券:3種類
・株価指数:23種類
・エネルギー:4種類
・コモディティ:5種類
・暗号通貨:40種類
・ETF:23種類
口座開設ボーナス 無し
入金ボーナス 無し
最大レバレッジ 2,000倍
スプレッド ・USD/JPY:0.6pips〜
・EUR/USD:0.0pips〜
・EUR/GBP:0.7pips〜
手数料
最小ロット 10万通貨
最低入金額 1円~
ロスカット 20%
ゼロカット 自動で適用

プロ口座はHFMが扱っている全銘柄をトレードでき、ゼロ口座に次ぐスプレッドの狭さが魅力!

さらに、手数料がかからないため、取引回数が増えてもコストが嵩む心配はありません。

そのため、取引回数が多くなるスキャンダルを行う場合は、ゼロ口座よりプロ口座の方が向いているでしょう。

HFMプロ口座のメリット・デメリット

XMTradingのメリット

  • 超低スプレッドで手数料無料
  • レバレッジは最大2,000倍
  • 対象銘柄はスワップフリー

XMTradingのデメリット

  • ボーナスは受け取れない
  • 最低入金額が他の口座より高い

プロ口座のメリットは、超低スプレッドで取引手数料もかからないことです。

さらに、レバレッジは最大2,000倍に対応しているため、ハイレバレッジでスキャルピングをする方に向いています。

ただし、ボーナスの受け取りには対応しておらず、最低入金額が他の口座よりやや高い点には注意しましょう。

HFMプレミアム口座|最低入金額なし

HFMプレミアム口座|最低入金額なし

プレミアム口座は手数料無料・スワップフリーで、長期トレードに向いている口座です。

特徴やメリット・デメリットを他の口座と比較しながら解説するので、ぜひ参考にしてください。

HFMプレミアム口座の特徴・基本スペック

口座タイプ プレミアム口座
取引商品 ・FX:53種類
・メタル:6種類
・株式:93種類
・債券:3種類
・株価指数:23種類
・エネルギー:4種類
・コモディティ:5種類
・暗号通貨:40種類
・ETF:23種類
口座開設ボーナス 無し
入金ボーナス 67万円
最大レバレッジ 2,000倍
スプレッド ・USD/JPY:1.4pips〜
・EUR/USD:1.4pips〜
・EUR/GBP:1.8pips〜
手数料
最小ロット 10万通貨
最低入金額 1円~
ロスカット 20%
ゼロカット 自動で適用

プレミアム口座はHFM口座の中で最もスタンダードなスペックとなっており、幅広いトレードスタイルに対応できるのが魅力です。

取引スタイルが定まっていない時や複数のスタイルでトレードする方には、プレミアム口座をおすすめします。

HFMプレミアム口座のメリット・デメリット

XMTradingのメリット

  • 最低入金額の設定なし
  • 対象銘柄はスワップフリー
  • HFMプラットフォーム対応

XMTradingのデメリット

  • スプレッドはやや高い
  • ボーナスは受け取れない

他の口座と比べてスプレッドがやや高く、ボーナスは受け取れないものの幅広い取引スタイルに対応できるスペックとなっています。

最低入金額の設定がないため少額でも取引をスタートでき、スワップフリー銘柄を利用すれば長期投資も低コストで行えます。

さらに、HFM専用プラットフォームに対応しており、使い勝手が優れているのが魅力!

インジケーターは50種類以上に対応し、分析ツールが充実しているのも専用プラットフォームの特徴です。

現役トレーダー現役トレーダー

HFMトップアップボーナス口座|最大67万円の入金ボーナス有り

HFMトップアップボーナス口座|最大67万円の入金ボーナス有り

HFMトップアップボーナス口座は、HFM口座の中で唯一ボーナス受け取りに対応した口座です。

常時開催中の入金ボーナスを受け取るには、ボーナス口座を開設しなければなりません。

ボーナス口座と他の口座の違いを比較しながら解説するので、ぜひチェックしてください。

HFMトップアップボーナス口座の特徴・基本スペック

口座タイプ ボーナス口座
取引商品 ・FX:53種類
・メタル:6種類
・株式:93種類
・債券:3種類
・株価指数:23種類
・エネルギー:4種類
・コモディティ:5種類
・暗号通貨:40種類
・ETF:23種類
口座開設ボーナス 無し
入金ボーナス 67万円
最大レバレッジ 1,000倍
スプレッド ・USD/JPY:1.9pips〜
・EUR/USD:1.6pips〜
・EUR/GBP:2.2pips〜
手数料
最小ロット 10万通貨
最低入金額 1円~
ロスカット 20%
ゼロカット 自動で適用

ボーナス口座は、常時開催中の20%ボーナスを受け取れるだけでなく、不定期開催のボーナス受け取りにも対応しています。

トレード資金が心許ない方や、入金資金を底上げしてハイリターンを狙いたい方は、ボーナス口座を検討しましょう。

HFMトップアップボーナス口座のメリット・デメリット

XMTradingのメリット

  • 20%入金ボーナス(最大67万円)の対象
  • HFMが扱う全銘柄を取引可能
  • HFMプラットフォーム対応

XMTradingのデメリット

  • レバレッジは最大1,000倍
  • スプレッドはやや広い

ボーナス口座は、現在開催中の20%入金ボーナスを受け取ることができます。

最大67万円まで受け取れるので、取引資金を底上げしたい時に最適!

ただし、最大レバレッジは1,000倍と、他の口座に比べるとやや劣ってしまいます。

加えてスプレッドも広い傾向にあるため、資金にゆとりが出てきたら他の口座タイプを検討すべきでしょう。

HFM口座の選び方|取引スタイルごとのおすすめを紹介

HFM口座の選び方|取引スタイルごとのおすすめを紹介

HFMの口座タイプ選びに迷ったら、上記4つを参考に選ぶのがおすすめです。

チェックすべき項目おすすめ理由を解説するので、ぜひ参考にしてください。

初心者・少額トレードには「セント口座」

FX初心者やトレード資金が少ない方には「セント口座」がおすすめです。

セント口座は1,000通貨単位での取引に対応しており、少ない証拠金で取引を始められます。

レバレッジは最大2,000倍なので、ドル円でトレードする場合は約75円の証拠金で取引することが可能です。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

他の通貨ペアや銘柄でも100円未満で取引を始められるので、少額で取引しながら知識やスキルを向上させるのも良いでしょう。

スキャルピング・デイトレには「ゼロ口座」「プロ口座」

スキャルピングやデイトレードには、スプレッドが狭い「ゼロ口座」「プロ口座」をおすすめします。

ゼロ口座はスプレッド0pipsから取引できる銘柄もあり、HFMの中で最もスプレッドが狭い口座タイプです。

ただし、取引手数料がかかるので、取引回数が多くなる場合は「プロ口座」の方がお得な場合があります。

銘柄や取引回数によってお得な口座が異なるため、比較した上で選びましょう。

HFM専用プラットフォームで取引するなら「プレミアム口座」

HFM専用プラットフォームを利用するなら「プレミアム口座」がおすすめです。

専用プラットフォームはHFMアプリでの取引に対応し、入出金や取引、取引履歴の管理などを一つのアプリでまとめて行えます。

MT4やMT5を使い分けたり、入出金をHFMサイトから行ったりなど、煩わしい手続きを無くしたい方は、HFMアプリに対応する「プレミアム口座」を利用しましょう。

現役トレーダー現役トレーダー

入金ボーナスで資金を増やすなら「トップアップボーナス口座」

証拠金が少ない方や入金ボーナスで資金を増やしたい方は、「トップアップボーナス口座」がおすすめです。

ボーナス口座はHFMで唯一入金ボーナスを受け取ることができます。

トレーダー歴1年のUさんUさん

常時開催の20%入金ボーナスは最大67万円まで付与されるので、取引資金を大きく底上げすることが可能です。

ただし、ボーナス口座は最大レバレッジが1,000倍となっており、他の口座タイプの半分しかありません。

さらに、スプレッドも広がりやすい傾向にあるため、取引資金が増えてきたら他の口座タイプへの切り替えを検討しましょう。

HFMの口座タイプ比較に関するよくある質問

HFMの口座タイプ比較に関するよくある質問

HFMの口座タイプ比較に関するよくある質問をまとめました。

HFMの口座タイプについて疑問が残っている方は、ぜひチェックしてください。

HFMの口座種類は全部でいくつ?

HFMの口座タイプは全5種類です。

少額トレードに対応する「セント口座」やスプレッドが狭い「ゼロ口座」など、取引スタイルに合わせて使い分けるのがおすすめです。

口座タイプ選びに迷ったら、こちらの見出し「HFM口座の選び方|取引スタイルごとのおすすめを紹介」を確認してください。

HFMで保有できる最大口座数は?

HFMで保有できる口座数は最大10口座です。

MT4口座が7口座、MT5口座が3口座まで開設可能となっています。

なお、保有口座数や残高、口座のレバレッジ設定などは、HFMマイページで確認できます。

HFMで開設した口座を削除する方法は?

HFMで開設した口座は、削除することができません。

残高ゼロの状態で60日間放置すると、自動的にアーカイブ(非表示)となります。

どうしても急いで口座を削除したい時には、HFMサポートに口座を削除したい旨と口座番号を伝えましょう。

HFMで口座開設ボーナスはもらえる?

HFMに口座開設ボーナスはありません。

過去には口座開設するだけで6,500円がもらえるキャンペーンを開催していましたが、現在は終了しています。

再開される予定は今のところないため、再会を待たずにトレードを始めることをおすすめします。

HFMのボーナスは資金移動するだけでも受け取れる?

HFMの入金ボーナスは、ライブ口座からボーナス口座に資金移動することで獲得できます。

そのため、ライブ口座間で資金移動を行うだけではボーナスはもらえません。

ボーナスを受け取るためには、ボーナス専用口座を開設して資金移動を行なってください。

HFMの口座タイプを比較し取引スタイルに適した口座を選ぼう!

HFMの口座タイプを比較し取引スタイルに適した口座を選ぼう!

HFMには全5種類の口座タイプがあるので、特徴を比較して取引スタイルに合わせて選ぶことが大切です。

ボーナスを受け取るならボーナス口座一択ですが、ボーナスが必要なければ取引スタイルに合わせて選びましょう。

スキャルピングやデイトレにはゼロ口座・プロ口座がおすすめで、少額でトレードするならセント口座が最適です。

HFMは同時に10口座まで保有できるので、取引スタイルに合わせた口座を複数持っておくのも良いでしょう。

現役トレーダー現役トレーダー

目次