VantageTradingの口座開設方法【高画質画像付き】必要書類や注意点も徹底解説

トレーダー歴5年のTさんTさん

VantageTradingの口座開設方法を知りたい!
VantageTradingの口座は、わずか3分ほどで開設できます!ただし、誤った手順で申請すると、口座開設ボーナスが受け取れない場合があるので、正しい手順を確認しておきましょう。

現役トレーダー現役トレーダー

この記事では、VantageTradingの口座開設方法をPC・スマホ版に分けて画像付きで解説します。
さらに、口座開設後から取引開始までの手順や口座開設ボーナスの受け取り方も紹介!

VantageTradingで口座開設してトレードを始めたいと考えている方は、ぜひチェックしてください。

VantageTradingのボーナスは口座開設ボーナス15,000円・入金ボーナス・取引ボーナスと豪華!
この機会に、口座開設してボーナスを受け取りましょう!

VantageTradingの口座開設についてまとめると
  • VantageTradingで口座開設するための条件は2つ!
  • 口座開設には「身分証明書」「住所証明書」が必要
  • 口座開設手順は5ステップ!わずか3分で完了!
  • 開設後はプラットフォームと入金の準備が必要
  • 最大15,000円の口座開設ボーナスあり!リスクゼロで取引するならVantageTradingがおすすめ!
目次

VantageTradingで口座開設するための条件

VantageTradingで口座開設するための条件

VantageTradingで口座開設できるのは、上記2つの条件をクリアしている人のみです。

それぞれ詳しく解説するので、まずチェックしておきましょう。

条件①年齢が満18歳以上である

一つ目の条件は、年齢が満18歳以上であることです。

本人確認書類を提出した際に年齢をチェックされ、満18歳未満であれば口座開設を拒否されます。

満18歳以上であれば高校生でも口座開設することは可能で、親の同意は必要ありません。

そのため、若い頃からFXトレードの仕組みを経験したい方にはもってこいの業者と言えるでしょう。

条件②サービス提供区域に住んでいる

VantageTradingには制限区域があり、サービス制限区域に住んでいる方は口座開設できません。

日本はサービス提供区域なので、国内在住であればVantageTrading口座を開設できます。

制限区域は、北朝鮮と米国およびその他一部の地域となっています。

現役トレーダー現役トレーダー

制限区域に住んでいる可能性がある方は、VantageTradingサポートデスクに連絡してみてください。

VantageTradingの口座開設に必要な書類は2種類

VantageTradingの口座開設に必要な書類は2種類

VantageTradingで口座開設するには、2種類の書類が必要となります。
必要な書類は「身分証明書」「住所証明書」の2種類です。

身分証明書として有効なのは、下記3種類です。ます。

身分証明書として有効な書類
  • 国民IDカード
  • パスポート
  • 運転免許証

書類には顔写真が載っており、フルネーム・生年月日・発行日が記載されていることが条件です。
住所証明として有効な書類は、下記3つとなっています。

住所証明書として有効な書類
  • 公共料金の請求書(電気、水道、ガス)
  • 銀行口座証明書
  • クレジットカード証明書

上記書類は発行から6ヶ月以内であり、フルネーム・住所・有効期限・発行日が記載されていることが条件です。

条件を満たしていない書類を提出すると、再提出となるため注意しましょう。

VantageTradingの口座開設方法【PC/スマホ両方紹介】

VantageTradingの口座開設方法【PC/スマホ両方紹介】

STEP.1
VantageTrading公式サイトを開く
VantageTrading公式サイトを開き、「無料口座開設はこちら」をクリックします。
STEP.2
メールアドレス登録を行う
メールアドレスを入力し、「認証コードを受け取る」をクリックします。
STEP.3
パスワード設定を行う
登録したアドレスに届いた認証コードをコピーし、「新規口座開設画面」に貼り付けます。
パスワードを設定し、「個人口座」「米国居住者ではありません」にチェックを入れた上で、プライバシーポリシーの確認にもチェックを入れて「口座開設する」をクリックしてください。
STEP.4
氏名・生年月日・住所を入力する
氏名・生年月日・住所・電話番号・国籍を入力し、「次へ」をクリックします。
STEP.5
プラットフォーム・口座タイプを選択する
プラットフォーム・口座タイプ・口座通貨を選択し、「次へ」をクリックします。

ここからは、操作画面の画像付きで詳しい手順を紹介します。

実際の手順を確認したい方は、ぜひチェックしてください。

ステップ①VantageTrading公式サイトを開く

タップしてタブを切り替えられます

ステップ①VantageTrading公式サイトを開く(PC版)
ステップ①VantageTrading公式サイトを開く(スマホ版)

VantageTrading公式サイトを開き、「無料口座開設はこちら」をクリックします。

ステップ②メールアドレス登録を行う

タップしてタブを切り替えられます

ステップ②メールアドレス登録を行う【PC】
ステップ②メールアドレス登録を行う【スマホ】

VantageTradingに登録するメールアドレスを入力し、「認証コードを受け取る」をクリックします。

ステップ③パスワード設定を行う

タップしてタブを切り替えられます

VantageTradingの確認コード【PC】 登録したメールアドレスに認証コードが届くので、コピーして「新規口座開設画面」に貼り付けてください。 コピーして「新規口座開設画面」に貼り付け【PC】 居住国を選択し、パスワードを下記条件に従い、8文字以上20文字以下で作成します。
パスワードの条件
・8〜16文字+番号(0〜9)
・大文字と小文字(A〜Z、a〜z)
・特殊文字(例:!@#%&)
「個人口座」「米国居住者ではありません」にチェックを入れ、プライバシーポリシーの確認にもチェックを入れて「口座開設する」をクリックしてください。
VantageTradingの確認コード【スマホ】 登録したメールアドレスに認証コードが届くので、コピーして「新規口座開設画面」に貼り付けてください。 コピーして「新規口座開設画面」に貼り付け【スマホ】 居住国を選択し、パスワードを下記条件に従い、8文字以上20文字以下で作成します。
パスワードの条件
・8〜16文字+番号(0〜9)
・大文字と小文字(A〜Z、a〜z)
・特殊文字(例:!@#%&)
「個人口座」「米国居住者ではありません」にチェックを入れ、プライバシーポリシーの確認にもチェックを入れて「口座開設する」をクリックしてください。

ステップ④氏名・生年月日・住所を入力する

タップしてタブを切り替えられます

ステップ④氏名・生年月日・住所を入力する【PC】
ステップ④氏名・生年月日・住所を入力する【スマホ】

個人情報の入力画面が表示されたら、下記を参考に入力してください。

①名前(ローマ字) 例)Yamada Taro
②性別 例)男
③生年月日 例)1990年1月1日
④電話番号 例)81 90-1234-5678
⑤主な居住国 例)日本
⑥国籍 例)日本人

すべて入力し終えたら、「次へ」をクリックします。

ステップ⑤プラットフォーム・口座タイプを選択する

タップしてタブを切り替えられます

ステップ⑤プラットフォーム・口座タイプを選択する【PC】 アカウント設定の画面が表示されたら、以下を参考に3つの項目で希望するものを選択してください。
①プラットフォーム 例)MT4
②口座タイプ 例)スタンダードSTP口座
③口座通貨 例)JPY
上記をすべて選択したら利用規約を確認してチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 身分証明書の提出は完了【PC】 上記画面が表示されれば、身分証明書の提出は完了です。
ステップ⑤プラットフォーム・口座タイプを選択する【スマホ】 アカウント設定の画面が表示されたら、以下を参考に3つの項目で希望するものを選択してください。
①プラットフォーム 例)MT4
②口座タイプ 例)スタンダードSTP口座
③口座通貨 例)JPY
上記をすべて選択したら利用規約を確認してチェックを入れ、「次へ」をクリックします。 身分証明書の提出は完了【スマホ】 上記画面が表示されれば、身分証明書の提出は完了です。

VantageTradingの口座タイプは全3種類

VantageTradingの口座タイプは全3種類で、それぞれの違いは下記の通りです。

項目 スタンダードSTP口座 RAW ECN口座 プレミアム口座
最小スプレッド 1.0pip 0.0pip 0.0pip
最低入金額 50ドル 50ドル 3,000ドル
手数料(往復) 無料 800円 無料
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍
対応プラットフォーム MT4/MT5 MT4/MT5 MT4
ロスカット水準 10% 10% 0%
EA・コピートレード
入金ボーナス

FX初心者には標準スペックの「スタンダードSTP口座」、経験豊富なトレーダーには「RAW ECN口座」がおすすめです。

残高をギリギリまで使ってハイリターンを狙うなら、ロスカット水準0%で低スプレッドトレードが持ち味の「プレミアム口座」を利用しましょう。

VantageTradingの本人確認手順【PC/スマホ対応】

VantageTradingの本人確認手順【PC/スマホ対応】

口座開設が完了したら、本人確認を行う必要があります。

本人確認は「身分証明書」「住所証明書」を提出し、審査を通過すれば完了です。

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

本人確認審査が完了するまで取引はもちろん、証拠金を入金することもできません。

ここでは、本人確認の手順をPC版とスマホ版に分けて紹介します。

個人情報・住所確認のため必要書類をアップロード

本人確認の審査は「ID認証」と「POA認証」の2ステップがあります。

まずは「ID認証」の手順から紹介するので、ぜひチェックしてください。

ID認証|本人確認書類を提出する

タップしてタブを切り替えられます

「ID認証」をクリック【PC】 口座開設が完了したら審査中画面が表示されるので、「ID認証」をクリックします。 ID認証画面に必要事項を入力【PC】 ID認証画面には、下記を参考に必要事項を入力してください。
①名前(ローマ字) 例)Yamada Taro
②国籍 例)日本人
③ID種類 例)パスポート
④ID番号 例)TA1234567
必要事項を入力したら、「アップロードする」をクリックし、ID写真を選択して「提出する」をクリックします。
「ID認証」をクリック【スマホ】 口座開設が完了したら審査中画面が表示されるので、「ID認証」をクリックします。 ID認証画面に必要事項を入力【スマホ】 ID認証画面には、下記を参考に必要事項を入力してください。
①名前(ローマ字) 例)Yamada Taro
②国籍 例)日本人
③ID種類 例)パスポート
④ID番号 例)TA1234567
必要事項を入力したら、「アップロードする」をクリックし、ID写真を選択して「提出する」をクリックします。

POA認証|住所確認書類を提出する

タップしてタブを切り替えられます

「POA認証」をクリック【PC】 ID認証審査中の画面に表示された「POA認証」をクリックしてください。 「POA認証」の必要情報を入力【PC】 必要事項は、下記を参考にしながら入力しましょう。
①国籍 例)日本人
②主な居住国 例)日本
③市区町村(ローマ字) 例)Shibuya-ku, Tokyo
④住所(ローマ字/半角数字) 例)1-1-1 Jinnan
住所はすべてローマ字表記でなければなりません。

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

住所をローマ字変換する際には、こちらの変換サイトを利用すると簡単ですよ!
「POA認証」完了【PC】 上記画面が表示されたら、本人確認手続きは完了です。
「POA認証」をクリック【スマホ】 ID認証審査中の画面に表示された「POA認証」をクリックしてください。 「POA認証」の必要情報を入力【スマホ】 必要事項は、下記を参考にしながら入力しましょう。
①国籍 例)日本人
②主な居住国 例)日本
③市区町村(ローマ字) 例)Shibuya-ku, Tokyo
④住所(ローマ字/半角数字) 例)1-1-1 Jinnan
住所はすべてローマ字表記でなければなりません。

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

住所をローマ字変換する際には、こちらの変換サイトを利用すると簡単ですよ!
「POA認証」完了【スマホ】 上記画面が表示されたら、本人確認手続きは完了です。

VantageTradingで口座開設後にトレードを始めるまでの手順

VantageTradingで口座開設後にトレードを始めるまでの手順

STEP.1
取引プラットフォームMT4もしくはMT5をダウンロード
VantageTradingマイページにログインし、「ダウンロード」メニューをクリックします。
取引デバイスのアイコンをクリックし、MT4もしくはMT5をダウンロードします。
STEP.2
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
VantageTradingマイページの「アカウント」メニューを開き、入金する口座を選びます。
「入金」をクリックして入金方法を選び、必要な情報を入力して入金処理を実行してください。
STEP.3
MT4もしくはMT5にログインし、トレードを始める
ダウンロードしたMT4/MT5を開き、画面左上のメニューから「デモ口座の申請」をクリックします。
取引サーバーを選択し、ログインID・パスワードを入力してVantageTrading口座でログインしてください。

上記3ステップが完了すれば、取引準備は完了です。

ここからは、実際の画面に沿って手順を紹介するので、ぜひチェックしてください。

取引プラットフォームMT4もしくはMT5をダウンロード

トレードを始めるには、取引プラットフォームを用意しなければなりません。

取引プラットフォーム「MT4/MT5」は、VantageTradingマイページからダウンロード可能です。

VantageTradingで口座開設後にトレードを始めるまでの手順

マイページにログインしたら、画面左側メニューの「ダウンロード」を選択します。

すると、上記のようにMT4/MT5のダウンロード画面が表示されるので、取引デバイスに合わせたものをクリックしてください。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

Windowsをクリックすると、すぐにダウンロードが始まります。

トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】

取引プラットフォームの用意が完了したら、トレード資金を入金しましょう。

ここでは、実際の画面に沿って入金手順を解説します。

STEP.1
入金する口座を選択する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
VantageTradingマイページにログインし、アカウントメニューから入金する口座を選択します。
入金する口座を決めたら、「入金」をクリックしてください。
STEP.2
入金方法を選択する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
入金方法を選択してクリックします。
ここでは、例として「MasterCard」を選択した場合の手順を解説します。
STEP.3
カード情報を入力する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
上記のようなカード情報の入力画面が表示されるので、必要事項をすべて入力してください。
入力内容に誤りがないことをチェックし、「提出する」をクリックすれば入金申請は完了です。

VantageTradingの入金方法は、下記4種類です。

入金方法 反映時間 最低入金額
クレジットカード 即時 5,000円
国内銀行 即時 20,000円
Bitwallet 即時 5,000円
仮想通貨 1時間 5,000円

すぐに取引を始めるなら、クレジットカード・Bitwallet・国内銀行入金を利用し、少額で入金するならクレジットカード・Bitwallet・仮想通貨がおすすめです。

ただし、クレジットカードはMasterCardとJCBしか利用できないので注意してください。

MT4もしくはMT5にログインし、トレードを始める

トレードを始めるには、VantageTradingアカウントでMT4もしくはMT5にログインする必要があります。

ここでは、実際の画面に沿ってMT4へのログイン手順を紹介します。

MT5へのログイン方法もほとんど同じなので、参考にしながら操作してみてください。

STEP.1
MT4を開き「ファイル」を選択する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
MT4を開き、画面左上に表示された「ファイル」を選択します。
STEP.2
「デモ口座の申請」をクリックする
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
ファイルメニューに表示された「デモ口座の申請」をクリックしてください。
STEP.3
取引サーバー名を入力する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
上記のように取引サーバー画面が表示されたら、一番下までスクロールしてVantageTradingのサーバー名を入力し「スキャン」をクリックします。
サーバー名はVantageTradingマイページのアカウントメニューにて確認することが可能です。
STEP.4
対象サーバーを選択する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
取引口座の対象サーバーが表示されたら、選択して「次へ」をクリックします。
STEP.5
ログイン情報を入力する
トレードに必要な証拠金を入金【入金方法は5種類】
上記のような画面が表示されたら、「既存のアカウント」を選択し、ログインIDとパスワードを入力して「完了」をクリックしてください。
ログイン情報はVantageTradingマイページのアカウントメニューに表示された口座番号で、パスワードは口座開設時に設定したものです。
上記操作を行えばMT4へのログインが完了し、取引可能な状態となります。

VantageTradingの口座開設時に、口座開設ボーナスを受け取る手順

VantageTradingの口座開設時に、口座開設ボーナスを受け取る手順

VantageTradingには10,000円の口座開設ボーナスがあります。
ただし、口座開設から1週間以内に本人確認が完了すると、口座開設ボーナスが15,000円にアップ!

15,000円を逃さないためにも、口座開設が終わったらそのままの流れで本人確認を済ませましょう。

口座開設ボーナスを受け取る手順
  1. VantageTrading公式サイトから口座開設を行う
  2. 「身分証明書」「住所証明書」を提出して本人確認を行う
  3. 本人確認が承認されたら自動的に付与される

口座開設ボーナスが付与されるのは「スタンダードSTP口座 」「RAW ECN口座 」のみです。

「プレミアム口座」ではボーナスがもらえないので注意しましょう。

現役トレーダー現役トレーダー

VantageTradingで追加口座を開設する方法

VantageTradingで追加口座を開設する方法

ここでは、VantageTradingで追加口座を開設する方法を紹介します。

実際の操作画面に沿って解説するので、ぜひ参考にしてください。

STEP.1
アカウントメニューを開く
VantageTradingで追加口座を開設する方法
VantageTradingマイページにログインしたら、画面左側の「アカウント」をクリックします。
アカウントメニューの右側に表示された「ライブ口座を開設する」をクリックしてください。
STEP.2
追加口座情報を選択する
VantageTradingで追加口座を開設する方法
追加口座の情報として、プラットフォーム・口座タイプ・口座通貨を選択します。
そして、チェックボックスにチェックを入れ、「提出する」をクリックしてください。
STEP.3
追加口座の開設申請完了
VantageTradingで追加口座を開設する方法
上記画面が表示されたら、追加口座の開設申請は完了です。
手続きが完了すると、2〜3分ほどで開設できます。

VantageTradingで口座開設する際の注意点

VantageTradingで口座開設する際の注意点

VantageTradingの口座を開設する際には、上記5つのポイントに注意しておくことが大切です。

注意点を事前に確認しておけば、口座開設後に後悔せずに済むでしょう。

注意点①保有できるアカウントは1人1つまで

VantageTradingのアカウントは、一人一つまでしか保有できません。

これは、口座開設ボーナスを不正に受け取らないようにするための対策です。

複数のメールアドレスを用いて複数アカウントを開設すると、利用規約違反となります。

規約違反が発覚した場合、ボーナス没収や出金停止、永久BANなどの重いペナルティを課せられる可能性があるので注意しましょう。

現役トレーダー現役トレーダー

注意点②本人確認は7日以内に済ませないとボーナスが減る

口座開設から7日以内に本人確認が完了しなかった場合、口座開設ボーナスが減るので注意が必要です。

口座開設ボーナス
7日以内に本人確認完了 15,000円
7日以内の本人確認が未完了 10,000円

15,000円の口座開設ボーナスを獲得するには、口座開設後7日以内に本人確認を済ませる必要があります。

本人確認は「身分証明書」「住所証明書」を提出することで、入力内容と書類に相違がないか審査が行われます。

審査は最長24時間かかり、書類間違いなどの不備があると再提出しなければなりません。

トレーダー歴1年のUさんUさん

再提出になると24時間以上かかる場合もあるため、口座開設が完了したらそのままの流れで本人確認を行いましょう。

注意点③プレミアム口座の最低入金額は3,000USD(約45万円)

プレミアム口座は最低入金額が約45万円と高額な点に注意しましょう。

VantageTradingには3種類の口座タイプがありますが、プレミアム口座は熟練トレーダー向けのハイスペック口座で、柔軟なトレードに対応しています。

そのため、十分にFX経験を積み資金にゆとりができた上で利用するのが良いでしょう。

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

他の2つの口座タイプであれば、いずれも最低5,000円から入金することが可能です。

注意点④プレミアム口座はMT5に対応してない

プレミアム口座は取引プラットフォーム「MT5」には対応していません。

標準機能はMT5の方が優秀ですが、カスタムインジケーターやEAはMT4の方が揃っています。

また、MT5はFX通貨ペアだけでなく、株式や先物、オプションなどの銘柄も取引できるのが魅力です。

裁量取引にはMT5、自動売買にはMT4をおすすめします。

注意点⑤口座タイプや銘柄によってレバレッジ制限がある

VantageTradingの最大レバレッジは1,000倍ですが、銘柄によって制限があります。

メジャー通貨ペアならレバレッジ1,000倍で取引できるものの、マイナー通貨ペアや他の銘柄は最大レバレッジが低く設定されています。

銘柄 最大レバレッジ
メジャー通貨ペア 1,000倍
マイナー通貨ペア 50倍
株価指数 500倍
エネルギー 500倍
株式CFD
貴金属 1,000倍
コモディティ 20倍
ETFs 33倍
債券 100倍
暗号資産 100倍

上記あくまで金融商品ごとの最大レバレッジです。

銘柄によっては上記以下の場合もあるので、取引前にVantageTrading公式サイトでチェックしておきましょう。

VantageTradingの口座開設についてのよくある質問

VantageTradingの口座開設についてのよくある質問

VantageTradingの口座開設についてのよくある質問をまとめました。

口座開設に関する疑問や不安があれば、事前に確認して解消しておきましょう。

Vantagefxに口座開設ボーナスはある?

Vantageに口座開設ボーナスはあります。

口座開設ボーナスは10,000円ですが、口座開設から7日以内に本人確認が完了すると、15,000円にアップします。

本人確認は「身分証明書」「住所証明書」を提出するだけなので、口座開設が終わったらそのままの流れで済ませてしまいましょう。

VantageTradingの口座開設に必要な身分証明書は?

VantageTradingの口座開設に必要な身分証明書は、以下3種類のいずれか一つです。

身分証明書として有効な書類
  • 国民IDカード
  • パスポート
  • 運転免許証

書類には顔写真が載っており、フルネーム・生年月日・発行日が記載されていなければなりません。

住所変更などを行なっている場合、身分証明書の住所更新を行なった上で提出しましょう。

VantageTradingは最低いくらから取引できる?

VantageTradingの取引額は、最低100,000通貨からです。

例えば、1ドル150円のドル円を取引する場合、150円×100,000通貨=1,500,000円となり、150万円が必要となります。

ただし、レバレッジ1,000倍なら1,500円で取引することが可能です。

VantageTradingで口座開設が完了するまでにかかる時間は?

口座開設が完了するまでにかかる時間は3分程度です。

VantageTrading公式サイトの口座開設フォームに必要事項を入力し、取引プラットフォームや口座タイプを決めて申請すれば手続き完了です。

申請手続きを行うと、すぐに口座開設が完了します。

VantageTradingで本人確認書類をアップロードできない原因は?

本人確認書類がアップロードできない場合、ファイル形式もしくはファイルサイズが原因かもしれません。

ファイル形式は「png・jpg・jpeg・bmp・pdf・doc・docx」のいずれかでなければならず、ファイルサイズは最大5MBまでです。

書類をアップロードする時には、ファイル形式とファイルサイズを確認してみましょう。

口座開設ボーナス15,000円のVantageなら無料で取引できる!

口座開設ボーナス15,000円のVantageなら無料で取引できる!

Vantageには最大15,000円の口座開設ボーナスがあり、証拠金を入金しなくても取引を始めることが可能です。

「海外FXに挑戦したいけど損したくない」という方にピッタリ!

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

15,000円のボーナスをうまく活用すれば、入金せずに利益拡大を狙うことも不可能ではありません。

ただし、口座開設手順を誤るとボーナスが減ったり、受け取れなかったりするので正しい手順で申請しましょう。

この記事では、口座開設手順からボーナス獲得の方法まで詳しく解説しています。

リスクゼロで海外FXに挑戦するなら、ぜひVantageTradingで口座開設してボーナスを受け取ってください。

現役トレーダー現役トレーダー

目次