VantageTradingの入金方法を画像付きで解説!反映時間・最低入金額・ルールも紹介

トレーダー歴5年のTさんTさん

VantageTradingにはどんな入金方法がある?
VantageTradingの入金方法は、国内銀行・クレジットカード・Bitwallet・仮想通貨の4種類です。

現役トレーダー現役トレーダー

入金方法ごとに手数料や反映までにかかる時間、最低入金額などが異なります。
これらの入金条件を事前に確認し、最適な方法で入金しましょう。

この記事では、VantageTradingの入金方法4種類について、入金条件や入金手順を詳しく解説します。
さらに、最大150万円の入金ボーナス獲得方法も紹介するので、ぜひチェックしてください。

なお、入金ボーナスの受け取りには、VantageTradingの口座が必要です。
まだ口座を持っていない人は、VantageTradingの口座開設を見ながら、先に口座を作成してください。

VantageTradingの入金方法をまとめると
  • VantageTradingの入金方法は全4種類
  • 入金前に3つのルールを要チェック!
  • すぐ取引を始めるなら「クレジットカード」
  • まとまった金額を入金するなら「国内銀行」
  • VantageTradingは最大150万円の入金ボーナスあり!
目次

VantageTradingの入金方法一覧【全4種類】手数料・反映時間を比較

VantageTradingの入金方法一覧【全4種類】手数料・反映時間を比較

VantageTradingの入金方法は全4種類で、手数料や反映時間、最低入金額を比較すると以下の違いがあります。

入金方法 入金手数料 反映時間 最低入金額 入金額上限
国内銀行 無料 即時 20,000円 1,500万円
クレジット・デビットカード 無料 即時 5,000円 700万円
Bitwallet 無料 即時 5,000円 500万円
仮想通貨 無料 1時間 5,000円 200万円

いずれの入金方法も手数料はかかりませんが、反映時間・最低入金額・入金額上限は異なります。

仮想通貨入金は反映までにやや時間がかかり、国内銀行は最低入金額が20,000円と少し高額です。

入金額や反映時間などを考慮し、最適な方法で入金しましょう。

VantageTradingの3つの入金ルール

VantageTradingの3つの入金ルール

VantageTradingには、上記3つの入金ルールがあります。

入金トラブルを起こさないためにも、事前に3つのルールを確認しておきましょう。

ルール①入出金は同一通貨で行う必要がある

VantageTradingの入出金は、同一通貨で行う必要があります。

例えば、入金を日本円で行った場合、出金時も日本円となります。

トレーダー歴1年のUさんUさん

出金時だけ米ドルに変更することはできないので、注意しておきましょう。

ルール②最低入金額は入金方法ごとに異なる

VantageTradingの最低入金額は、入金方法ごとに異なります。

入金方法ごとの最低入金額をまとめると下記の通りです。

入金方法 最低入金額
国内銀行 20,000円
クレジット・デビットカード 5,000円
Bitwallet 5,000円
仮想通貨 5,000円

国内銀行以外の方法は、いずれも5,000円から入金できます。

少額で入金したい時には、国内銀行以外の方法を利用しましょう。

ルール③本人確認が完了するまで入金できない

VantageTradingは本人確認が完了するまで入金できません。

そのため、取引を始めるには先に本人確認を済ませる必要があります。

本人確認は「身分証明書」「住所証明書」を提出し、VantageTradingによる審査を受けます。

提出した書類と口座開設時に入力した内容が一致していなければ、審査は保留となり書類を再提出しなければなりません。

特に引っ越しなどで住所が変更になっている方は、書類に変更後の住所が反映されているか確認した上で提出しましょう。

現役トレーダー現役トレーダー

VantageTradingの入金方法①国内銀行

VantageTradingの入金方法①国内銀行

国内銀行での入金方法について、入金条件と手順を上記2つの見出しで解説します。

まずは、入金条件からチェックしてみましょう。

国内銀行で入金する際の手数料・反映時間

入金方法 国内銀行
入金手数料 無料
反映時間 即時
最低入金額 20,000円
入金額上限 1,500万円

国内銀行入金は最低入金額が20,000円で他の入金方法に比べて高額ですが、入金額上限は最も大きく設定されています。

少額で入金したい時には国内銀行以外の方法を利用し、高額で入金する際には国内銀行を利用するのがおすすめです。

VantageTradingに国内銀行で入金する手順【画像付き】

ここでは、国内銀行で入金する手順を画像付きで解説します。

国内銀行入金は手軽で使い勝手の良い入金方法なので、最初に確認しておきましょう。

STEP.1
「入金」メニューを開く
VantageTradingの入金方法①国内銀行
VantageTradingマイページにログインし、画面左側のメニューから「アカウント」を選択します。
入金する口座を選択したら「入金」と表示されたボタンをクリックしてください。
STEP.2
「日本の銀行による入金」を選択する
VantageTradingの入金方法①国内銀行
上記のように入金方法一覧が表示されるので、「日本の銀行による入金」をクリックします。
STEP.3
入金額を入力する
VantageTradingの入金方法①国内銀行
上記のような入金フォームが表示されたら、赤枠内に入金額を入力し「提出する」をクリックします。
国内銀行で入金できる金額は、20,000円〜15,000,000円の範囲です。
STEP.4
注意事項を確認する
VantageTradingの入金方法①国内銀行
国内銀行入金の注意事項が表示されるので、内容をよく確認し「読みました、そして同意します。」をクリックしてください。
STEP.5
表示された口座に振り込む
VantageTradingの入金方法①国内銀行
振込先の銀行情報が表示されるので、ミスがないように入力し振り込みを実行します。
STEP.5
支払い完了処理を実行する
VantageTradingの入金方法①国内銀行
振り込みが完了したら、画面上の「Paid」をクリックします。
以上で国内銀行入金の手続きは完了です。

VantageTradingの入金方法②クレジット・デビットカード

VantageTradingの入金方法②クレジット・デビットカード

クレジット・デビットカードによる入金の条件と手順を解説します。

カード入金は操作が簡単なので、手軽に入金したい方におすすめです。

クレジット・デビットカードで入金する際の手数料・反映時間

入金方法 クレジット・デビットカード
入金手数料 無料
反映時間 即時
最低入金額 5,000円
入金額上限 700万円

クレジット・デビットカード入金は手続きが最も簡単で即時反映されるため、すぐ取引を始めたい時におすすめの方法です。

入金画面にカード情報を入力するだけで決済画面に進み、確定ボタンをクリックすれば手続き完了です。

ただし、対応しているカードブランドがJCBのみなので注意しましょう。

VantageTradingにクレジット・デビットカードで入金する手順【画像付き】

ここでは、クレジット・デビットカードを使って入金する手順を画像付きで解説します。

なるべく早く取引を始めたい方は、手続きが簡単で即時反映されるカード入金の方法をチェックしておきましょう。

STEP.1
「入金」メニューを開く
VantageTradingの入金方法②クレジット・デビットカード
VantageTradingマイページにログインし、画面左側メニューの「アカウント」をクリックします。
表示された口座一覧の中から、入金する口座を選択し「入金」ボタンをクリックしてください。
STEP.2
「JCB(JPY)」を選択する
VantageTradingの入金方法②クレジット・デビットカード
入金方法一覧が表示されたら、「JCB(JPY)」をクリックします。
対応するクレジットカードはJCBのみとなっており、口座通貨がUSDならMasterCardで入金することが可能です。
STEP.3
入金額とメールアドレスを入力する
VantageTradingの入金方法②クレジット・デビットカード
クレジットカードで入金する際には、入金額に加えてメールアドレスの入力も必要です。
該当箇所にそれぞれ入力したら、「提出する」をクリックしてください。
STEP.4
カード情報を入力して決済する
VantageTradingの入金方法②クレジット・デビットカード
カード名義やカード番号といったクレジットカード情報を入力し、「支払う」をクリックすれば決済完了です。

VantageTradingの入金方法③Bitwallet

VantageTradingの入金方法③Bitwallet

Bitwallet入金の特徴と手順を詳しく解説します。

VantageTrading以外の業者も利用する場合、資金をオンラインで管理できるBitwalletが便利ですよ!

Bitwalletで入金する際の手数料・反映時間

入金方法 Bitwallet
入金手数料 無料
反映時間 即時
最低入金額 5,000円
入金額上限 500万円

Bitwallet入金も国内銀行・クレジットカード入金と同様、即時反映されるのが魅力です。

最低入金額は5,000円と少額なので、トレード資金が少ない方はBitwallet入金も視野に入れておくと良いでしょう。

Bitwalletはオンラインウォレットとして資金を管理できるため、VantageTrading以外の海外FX業者を利用する方にもおすすめです。

VantageTradingにBitwalletで入金する手順【画像付き】

ここでは、Bitwallet入金の手順を画像付きで解説します。

Bitwallet入金を検討している方やBitwalletを利用している方は、ぜひチェックしてみてください。

STEP.1
「入金」メニューを開く
VantageTradingの入金方法③Bitwallet
VantageTradingマイページにログインしたら、画面左側メニューの「アカウント」を選択します。
保有口座一覧が表示されるので、入金する口座を選んで「入金」というボタンをクリックしてください。
STEP.2
「bitwallet入金」を選択する
VantageTradingの入金方法③Bitwallet
入金方法一覧が表示されたら、「bitwallet入金」をクリックします。
STEP.3
入金額を入力する
VantageTradingの入金方法③Bitwallet
入金フォームが表示されたら、入金額を入力し「提出する」をクリックしてください。
STEP.4
bitwallet画面で決済する
VantageTradingの入金方法③Bitwallet
上記のようにbitwallet画面に移行するので、「bitwalletにアカウントをお持ちの方」をクリックし、ログインした上で決済を実行してください。
bitwalletアカウントを持っていない方は、「新規登録」をクリックし、アカウント登録を行えば入金が可能になります。

VantageTradingの入金方法④仮想通貨

VantageTradingの入金方法④仮想通貨

仮想通貨入金の特徴と手順を詳しく解説します。

仮想通貨を保有している方や、仮想通貨入金を検討している方はぜひチェックしてみてください。

仮想通貨で入金する際の手数料・反映時間

入金方法 仮想通貨
入金手数料 無料
反映時間 1時間
最低入金額 5,000円
入金額上限 200万円

仮想通貨入金は反映までに最長1時間かかりますが、最低5,000円から入金できます。

対応する通貨の種類は下記5つです。

  • ETH
  • BTC
  • USDC-ERC20
  • USDT-TRC20
  • USDT-ERC20

対応する通貨は決して多くないので、仮想通貨を保有していない場合は他の方法での入金をおすすめします。

VantageTradingに仮想通貨で入金する手順【画像付き】

ここでは、仮想通貨でVantageTradingに入金する方法を解説します。

実際の操作画面の画像に沿って解説するので、仮想通貨で入金する際にはぜひ参考にしてください。

STEP.1
「入金」メニューを開く
VantageTradingの入金方法④仮想通貨
VantageTradingマイページにログインし、画面左側のメニューから「アカウント」を選択します。
入金する口座を選び、「入金」と表示されたボタンをクリックしてください。
STEP.2
「暗号通貨の入金」を選択する
VantageTradingの入金方法④仮想通貨
入金方法一覧の中から「暗号通貨の入金」をクリックします。
STEP.3
通貨を選択して入金額を入力する
VantageTradingの入金方法④仮想通貨
まず、入金に使用する仮想通貨の種類を選択し、入金額を入力した上で「提出する」をクリックします。
STEP.4
注意事項に同意する
VantageTradingの入金方法④仮想通貨
上記のような注意事項が表示されるので、内容をよく確認した上で「読みました、そして同意します。」にチェックを入れます。
STEP.5
表示されたアドレスに送金する
VantageTradingの入金方法④仮想通貨
銀行振込のように送金先のアドレスが表示されるので、QRもしくは「アドレスをコピー」して送金してください。
間違ったアドレスに送金すると、仮想通貨を取り戻すことはできないため慎重に操作しましょう。

【目的別】VantageTradingでおすすめの入金方法と選び方

【目的別】VantageTradingでおすすめの入金方法と選び方

VantageTradingの入金方法の選び方を目的別で解説します。

どの入金方法を利用すべきか迷ったら、チェックしてみてください。

今すぐ取引を始めるなら「クレジット・デビットカード」

今すぐ取引を始めたい時には、クレジット・デビットカード入金がおすすめです。

なぜならクレジット・デビットカード入金は、カードが手元にあれば入金できる最も簡単な方法だからです。

カード番号名や名義人などの情報を入力し、「支払う」というボタンをクリックすれば処理が完了します。

処理完了後、即時反映されるので1〜2分ほどでトレードを始めることが可能です。

トレーダ歴7年のこうきさんこうきさん

「チャンス相場を見つけてすぐに取引したい」という時は、クレジット・デビットカードで入金しましょう。

まとまった金額の入金には「国内銀行」

まとまった金額を入金する際には、国内銀行入金がおすすめです。

国内銀行はVantageTradingの入金方法の中で上限が最も高く、最大1,500万円まで入金できます。

証拠金を増やして一気に利益拡大を狙うなら、国内銀行での入金を検討しましょう。

ただし、国内銀行入金の手続きは少し複雑なので、利用前に正しい手順を確認しておいてください。

VantageTrading以外の業者を利用する予定なら「Bitwallet」

VantageTrading以外の業者も利用する予定があるなら、Bitwallet入金がおすすめです。

Bitwalletは世界中の幅広いサービスに対応する決済サービスで、資金をチャージして加盟サービスに支払うことが可能です。

多くの海外FX業者がBitwalletに対応しているので、業者間の送金に適しています。

Bitwalletを使えば、海外FX用の資金を管理でき、使い過ぎの予防にもつながります。

複数の業者でトレードするなら、ぜひBitwalletを使ってみてください。

現役トレーダー現役トレーダー

VantageTradingに入金できない・反映されない原因と対処法

VantageTradingに入金できない・反映されない原因と対処法

入金できない・反映されない時は、以下5つの原因が想定されます。

原因がよくわからない方は、上から順に確認してみてください。

入金できない原因 対処法
入金名義と登録名義が異なっている 登録と同じ名義から入金する
最低入金額以下で入金しようとした 入金方法ごとに設定された最低入金額以上で申請する
上限額以上で入金しようとした 入金方法ごとに設定された上限額以内で申請する
指定以外のカードブランドを利用した 指定のカード(MasterCard)を利用する
カードの利用上限を超えている カードの限度額の範囲で入金する

まず想定されるのは、登録名義と異なる名義から入金している可能性です。

VantageTradingは口座開設時に登録した名義からしか入金できないので、自分以外の口座やアカウントから入金するのはやめましょう。

また、最低入金額以下で入金しようとしたり、上限額以上で入金申請を行ったりすることもできません。

デビット・クレジットカードで入金する場合は、MasterCardしか対応していない点にも注意しましょう。

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

カード上限を超えて入金した場合も反映されないので、カードでの入金時は限度額も確認してみてください。

VantageTradingに入金する際の注意点

VantageTradingに入金する際の注意点

VantageTradingに入金する際には、上記4つのポイントに注意しましょう。

4つの注意点について詳しく解説するので、入金前に目を通しておいてください。

国内銀行入金の振込手数料はトレーダー負担

国内銀行入金の場合、振込手数料はトレーダー負担となるので注意してください。

振り込み手数料は利用する金融機関によって異なるため、事前にチェックしておきましょう。

VantageTradingの振込先はゆうちょ銀行となっており、ゆうちょダイレクトを利用すれば月5回まで手数料無料です。(6回目以降は100円)

ゆうちょダイレクトとは?

スマホやパソコンで送金できるゆうちょ銀行のサービス

1回ごとの振込手数料は少額ですが、入金回数が増えると負担も大きくなります。

現役トレーダー現役トレーダー

国内銀行入金はまとまった金額で行うか、ゆうちょダイレクトを利用するのがおすすめです。

対応するクレジットカードブランドは1種類

VantageTradingに対応するクレジットカードブランドは、JCBの1種類のみです。

日本円で入金する際は、JCBカードしか利用できないので注意しましょう。

米ドルで入金する場合は、MasterCardが対応しています。

しかし、MasterCard以外では入金できないので注意が必要です。

入金額は入金方法ごとに上限がある

入金額の上限は入金方法ごとの設定されています。

入金方法 入金額上限
国内銀行 1,500万円
クレジット・デビットカード 700万円
Bitwallet 500万円
仮想通貨 200万円

上限額が最も大きいのは国内銀行の1,500万円で、デビット・クレジットカードは700万円となっています。

Bitwalletは500万円、仮想通貨は200万円が上限なので、高額入金には不向きといえます。

トレーダー歴1年のUさんUさん

まとまった金額を入金する際には、国内銀行を利用するのがおすすめです。

プレミアム口座の最低入金額は3,000USD

プレミアム口座は他の口座と比べて最低入金額が高く設定されている点に注意が必要です。

プレミアム口座の最低入金額は3,000USD(約45万円)となっており、3,000USD以下では入金できません。

資金が少ない方やFX初心者の方は、いきなりプレミアム口座を開設するのは避けた方がよいでしょう。

まずはスタンダード口座やRAW口座を利用し、資金にゆとりができてきたらプレミアム口座を利用するのがおすすめです。

現役トレーダー現役トレーダー

VantageTradingの入金ボーナス・キャンペーン【2024年6月】

VantageTradingの入金ボーナス・キャンペーン【2024年6月】

VantageTradingは上記2つのボーナス・キャンペーンを開催しています。

これから口座を開設すれば、2つのボーナスを獲得することが可能です。

ボーナスの金額や獲得手順をそれぞれ解説するので、ぜひチェックしてください。

最大150万円の入金ボーナスあり

VantageTradingの入金ボーナスは、下記3種類に分かれています。

ボーナス割合 ボーナス上限
初回入金 入金額の100%
→登録から1週間以内の入金で120%にUP
75,000円
2回目入金 入金額の50% 150,000円
3回目以降 入金額の20% 1,275,000円

初回入金時は入金額の100%がボーナスとして付与され、最大75,000円までもらえます。
さらに、口座開設から1週間以内に入金すると120%にアップ!

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

入金額が少なくても、十分な恩恵を受けられる魅力的なボーナスです。

2回目の入金は50%、3回目以降は20%のボーナスが付与され、合計で最大150万円の入金ボーナスがもらえます。

トレード資金が少ない方には、VantageTradingのような入金ボーナスが魅力的な業者がおすすめです。

入金不要ボーナス(登録ボーナス)最大15,000円

VantageTradingで口座開設すると、入金しなくても最大15,000円のボーナスがもらえます。

入金不要で獲得できる登録ボーナスは、口座開設後に本人確認が完了すると付与される仕組みです。

ボーナス額は通常10,000円ですが、口座開設から1週間以内に本人確認が完了すると15,000円にアップ!

まずVantageTrading口座を開設し、そのままの流れで本人確認も済ませてしまいましょう。

本人確認は「身分証明書」「住所証明書」を提出し、VantageTradingの審査を通過したら完了です。

現役トレーダー現役トレーダー

VantageTradingの入金に関するよくある質問

VantageTradingの入金に関するよくある質問

VantageTradingの入金に関するよくある質問をまとめました。

入金に関する疑問や不安が残っている方は、ぜひチェックしてください。

VantageTradingの入金はいつ反映される?

反映時間は入金方法によって異なり、最短即時から長くても1時間以内です。

即時反映されるのは「国内銀行」「クレジット・デビットカード」「Bitwallet」の3つです。

「仮想通貨」での入金は反映までに1時間程度かかるので、すぐ取引を始めたい時にはおすすめできません。

VantageTradingに入金できないのはなぜ?

入金できない場合は、入金名義と登録名義が異なっている可能性があります。
VantageTradingに登録した名義でのみ入金できるので、入金名義を確認してください。

また、最低入金額以下で入金しようとしていたり、入金額上限を超えて申請していたりする可能性もあります。

入金できない・反映されない原因と対策は、こちらの見出し「VantageTradingに入金できない・反映されない原因と対処法」をチェックしてください。

VantageTradingへの入金には手数料がかかる?

VantageTradingへの入金手数料は、原則無料です。
ただし、銀行振込で入金する際には金融機関ごとの手数料がかかります。

VantageTradingの振込先はゆうちょ銀行となっているため、ゆうちょダイレクトで入金すれば月5回までは手数料無料です。

VantageTradingは最低いくらから入金できる?

VantageTradingは最低5,000円から入金できます。

ただし、最低入金額は入金方法によって異なり、全ての入金方法が5,000円から入金できるわけではありません。

入金方法 最低入金額
国内銀行 20,000円
クレジット・デビットカード 5,000円
Bitwallet 5,000円
仮想通貨 5,000円

国内銀行は20,000円以上でなければ入金できないので注意しましょう。

また、プレミアム口座は最低入金額が3,000USD(約45万円)となっています。

少額で入金するなら、スタンダード口座もしくはRAW口座を利用しましょう。

VantageTradingでおすすめの入金方法は?

VantageTradingでおすすめの入金方法は、クレジット・デビットカード入金です。

最低5,000円の少額入金に対応し即時反映される点に加えて、操作が簡単な点が魅力です。

カード情報を入力するだけの簡単な手順なので、どの方法で入金するか迷ったらカード入金を検討してください。

VantageTradingの入金方法は4種類!ルールや注意点を事前に確認しておこう!

VantageTradingの入金方法は4種類!ルールや注意点を事前に確認しておこう!

VantageTradingには4種類の入金方法があるので、状況に応じて使い分けることが大切です。

すぐに入金したい時には「クレジット・デビットカード」、まとまった金額を入金するなら「国内銀行」を利用しましょう。

いずれの入金方法も手数料はかかりませんが、国内銀行入金は金融機関によって手数料がかかる場合があるので注意が必要です。

トレーダ歴2年のあかねさんあかねさん

VantageTradingは最大150万円の入金ボーナスがあり、トレード資金を大幅に増やせます。
資金が少なくて不安な方や入金ボーナスを使って大きな利益を狙いたい方には、VantageTradingがおすすめです。

現役トレーダー現役トレーダー

目次